« もらって嬉しい表彰状♪ | トップページ | 富士紅葉ドライブ »

もてぎエンデューロ参戦記

2009年11月1日。
いよいよ「もてぎ7時間エンデューロ」の当日です。

日付が変わると同時に起床しました・・・つまり午前0時にcatface
いつもならまだ起きててこれから寝るって時間だよcoldsweats01
前日8時頃無理やり床に就き、どうにか3時間くらいは寝たと思うのですが
当然ながら寝不足ですwobbly

今回もおっちゃんの店のチームメンバーさんと一緒。
ほとんどのメンバーさんはお店に集合してもっとのんびりな出発ですが
ダンナ君は初参加なので、試走するために先に行くことにしたのです。
早く着けば現地で寝て待ってればいいんだしnote

1時前には自宅を出発してcar
同じく初参加のメンバーさんと合流して、
睡魔と闘いながらどうにか4時にはツインリンクもてぎに到着。

開門が4時半ということで、誘導が始まるまでしばし仮眠sleepy

・・・けっきょく寝られた(というか目をつむっていられた程度だけど)のは
この30分足らずだけでしたgawk

試走の時間、ましてや出走までにはたっぷり時間があるのに、
周囲の参加者は自転車用意したり(もしくはすでに走ってたり)、
荷物持って移動したりせわしなく動いてるの見てると、
初参加ということで勝手がわからないのもあって、
悠長に車で寝てる場合じゃない気がして・・・

けっきょく早々に(といっても6時は過ぎてた?)ピットの様子を見に行ったら、
すでに割り当てられたピットはヒトでいっぱい。
それ見たら、別に場所取り命じられてたわけでもない(と思う)んだけど、
なんとなく焦ってしまって、急いで場所取りdash

安心したのもつかの間?
今度はなかなか来ない本隊を待ちわびて、またなんとなく不安になってくるcoldsweats02

いつもはレースというと、参加し慣れたメンバーさんのあとに
くっついて動いてればよかったからなあ・・・
初参加ってホントはこんなに不安なものなのねcoldsweats01

そうこうしてるうちに試走できる時間も残り少なくなってきたので、
とにかく試走してくることに。

・・・とその前にドーピング(笑) 
P1000187

今回一緒に組んで走る、わがチームのエースさまの真似ですw

house出発する前にも飲んだらしいのでこれで2本目。
そんなに飲んで大丈夫なのかな、こういうのってcoldsweats01

ダンナ君が試走してるあいだに、おっちゃんとチームメンバーさんが続々とやってきました。
あ~、これでほっとした~confident

ほどなく試走から帰ってきたダンナ君にコースの印象を尋ねると、
余裕smile」 と、なんとも強気な発言でした。このときは・・・

しかし、いよいよスタートの時間が迫ってきても、
ダンナ君と組んでるエースさまがなかなかやって来ません。

「先にダンナ君が2時間、先頭集団からちぎれないで走ること」
これだけは組んで参加すると決まった時点から言われてたことですが、
それにしたってレース前に打ち合わせとかなんもしなくて平気なのかsign02coldsweats02

でも、もうそんなこと言ってられません。
早めに行動したい性質のダンナ君は早々にスタート地点に行っちゃいました。
でも、おかげでわりと前のほうに陣取れて、スタート直後の位置取りは楽だったようです。

P1000189a

スタート間近。
あいにくガスってますが、そんな中でもマビックカーは眩しいshine

そしていよいよスタートです!
まずは7時間エンデューロがスタート。

3分遅れて8:33、
4時間の参加者がスタートしました。

bicycle集団がスタートしていくさまは、
ヒルクライムレースのスタートなんかでも見たことあるんだけど、
これは規模がぜんぜん違ってすごい迫力!

ダンナ君も、チームのメンバーさんも皆にこやかにスタートしていきましたnote

最初こそペースカー先導でのんびりスタートしたものの、
いざレースが始まればそのスピード感たるやすごいですね!
参加するダンナ君が初めてなら、観戦するわたしも初めてなので、
最初はなにをどう見てたらいいのかもよくわからず、
とにかくダンナ君やチームメンバーさんの姿を必死で探すって感じでした。
2周回くらいした頃になってようやく目も慣れて、
7時間の先頭集団、4時間の先頭集団などレース状況が見分けられるようになり
皆の姿も探しやすくなりましたcatface

そしてさすがに先頭集団には乗れなかったものの
ちょっぴり遅れてるかな? くらいの位置でやってくる集団の中に
チームのメンバーさん2名とともにダンナ君の姿があるのも確認できました。
なかなか頑張ってるんじゃないの~happy01

ところが5周目に入ったときに異変がsign01
さっきの集団の中にメンバーさん2人の姿はあるのに、ダンナ君だけがいないsign03

もしかしてちぎれた!?

一緒に見てたメンバーさんが「見逃しただけじゃない?」と言ってるところに、
ダンナ君がやってきました。

やっぱりちぎれてた! 

「チェンジしてsign03

そう叫んで走り去っていったダンナ君。

え、チェンジsign02
だってまだ1時間も走ってないのにsign02

なにかあったんだとは思ったけど、とにかくエースさまに知らせに走りますdash

そしたらエースさま、未だ普段着のままおっちゃんたちと談笑中cafe
そりゃああと1時間はあると思ってるんだから仕方ないけどcatface

突然の予定変更にさすがに驚いていましたが、
お着替えにウオームアップも必要だからということで
「あと1周ゆっくりでいいから走れ」との冷静なお達しが。
すぐさまダンナ君に伝えにピットに走ります。

そこへ、この1周はだいぶペースを落とした感じでピットに入ってきたダンナ君。
チェンジの理由は如何に!? と思ったら、
「両脚(ふくらはぎ)攣ったcrying

3周目あたりですでに攣ってしまい、どうにか走っていたものの
このまま残り時間走ってもラップタイムを落とすだけと判断したようです。

チェンジのつもりで戻ってきたところに「あと1周」のお達し。
さすがに一瞬疲れた表情を見せましたが、すぐに飛び出していきました。

そしてどうにかお達しどおり走りきりましたdash
計ってたわけじゃないけど、さっきよりは早いラップで戻ってきた気がする。

P1000201a

交代を待つエースさまの姿を見て苦笑い?のダンナ君。

P1000314

出撃していくエースさまdash

そして1周まわってきたときには、7時間のほうの先頭集団に混じって走ってましたsign01

なんと!
ツール・ド・フランスでの活躍も記憶に新しい、
新城幸也選手と同じ集団で走ってますsign03

20091101_101034a

そのまま先頭集団とともに順調に周回を重ねるエースさま。
あのペースでフツーに走ってられるんだから、やっぱすごいなあup

その頃ダンナ君はといえば、攣った脹脛はパンパンに張ったまま。
痛みもぜんぜんひかないし、もう走れないなんて言ってます。

そうは言っても、いくらエースさまでも
残りをひとりで走るのはさすがにキツイはずで。

3時間を過ぎた頃に、エースさまからチェンジの合図がありました。

P1000253a

P1000315

さあ、ダンナ君もうひと踏ん張りですdash

P1000257a

エースさま、お疲れさまですshine

さて。
あの脚じゃあ、やっぱまともには走れないんだろうな、
と思いながらダンナ君が周回してくるのを待っていたのですが、
本人曰く、走りだしたら意外と走れたというように、
それなりのペースで周回してきました。

その後も順調に周回を重ね、
いよいよタイムアウトの12:33まで残りあと僅かというときに。

ゆるゆると応援するわたしたちの前までやってきたダンナ君。

「もう終わり?happy01P1000273

まだですsign03pout

このときもそうですが、走行中いつも(攣って苦しかったはずのときでも)
笑顔で走っていたもので、エースさまやみんなから
「まだまだ余裕あるんじゃないか」と言われてました。

本人的にはいっぱいいっぱいみたいなんですけど、
顔で損してますねcatface

え~、まだ~despair
みたいな顔しつつもう1周走りに行って、今度こそゴールmotorsports

脚のほうはなんとかもったみたいでよかったよかったw

とりあえず走り終えて満足そうなエースさまとダンナ君。
P1000279a

エースさまの感触では、20位くらい入ったかな?なんて話してたのですが、
リザルト確認してビックリsign03eye

6位って、入賞じゃないですか!?

どう見てもエースさまのおかげな結果とはいえ。

ホントのところは表彰台狙ってたとはいえ。

ダンナ君だって初参加にして、脚攣りながらも頑張りましたからねw
素晴らしい成績ですhappy02

P1000306b

6位入賞おめでとうhappy02

そして、チームの他のメンバーもみんなそれぞれ頑張りました!
P1000309a 本当にお疲れさまでしたsign03

あ、もてぎネタはまだ続きますw

ポチッとしていただけるとうれしゅうございます^^ にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

|

« もらって嬉しい表彰状♪ | トップページ | 富士紅葉ドライブ »

コメント

こんばんは。
初めてお邪魔します。まかだまさんのブログからとんできました。

写真を拝見していたら、なんと私の後姿が!。
「さあ、ダンナ君もうひと踏ん張りです」の上の写真で、併走する赤いバイクが私です。
なんだか不思議なご縁を感じます。

それにしても6位とは素晴らしいですね。
私は7時間で3桁順位でした。

また時々、お邪魔させていただきます。

投稿: 55号 | 2009-11-05 00:45

こんにちは。6位入賞だなんて凄いですね~!おめでとうございます~。足が攣らなかったらいったいどんな事になっていたのでしょう!
来年が楽しみですね^^
もてぎエンデューロって聞いた事はあるけど、こんな雰囲気なんですね。新城選手も来ていたなんて・・・。本格的なんですね。
お二人とも、あっ、エース様もお疲れ様でした。

投稿: ハルル | 2009-11-05 09:45

55号さん初めまして!!
一緒に写ってる写真を見ながら
55号さんの足と比べてオレって
足太いなぁ~・・・・
なんて思ってました(笑)
そこへコメント!!
ありがとうございます!!
同じ埼玉県、走ってるところも
近そうなのでお会いすることも
あるかもしれませんね!
その時はよろしくおねがいします!!
それと、6位は一緒に組んだ
エース様のおかげです!!
でもありがとうございます!

投稿: ぷにじー | 2009-11-05 19:59

ハルルさん初めまして!!
ありがとうございます!
6位入賞ですけどほとんどエース様の
おかげですので・・・・
来年は足を攣らない様に練習しなくちゃ!なんて
思ってたりします。(ちょっとだけ!)
このエンデューロはロードバイクだけでなく
クロスやマウンテン、ママチャリもあり、
かぶり物をかぶってる人もいるので
速さだけでなく色々と楽しめるので
ハルルさんも来年はどおですか~??
新城選手はいつもニコニコしてて
好感でした!!

投稿: ぷにじー | 2009-11-05 20:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/502790/32048430

この記事へのトラックバック一覧です: もてぎエンデューロ参戦記:

« もらって嬉しい表彰状♪ | トップページ | 富士紅葉ドライブ »