« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

ツール・ド・美ヶ原(前日編)

2009年6月27~28日。

ダンナ君にとって2度目のヒルクライムレースとなる
ツール・ド・美ヶ原に出場しました。

わたしも当然ながら温泉&観光目当てにくっついていきましたw
今回は自分の自転車も持って行ってポタリングもしちゃいましたnote

まずは前日の様子からw

bicycle     bicycle     bicycle     bicycle     bicycle     bicycle     bicycle     bicycle 

今回もおっちゃんの店のチームのお仲間2名と一緒に参加しました。

宿泊地&スタート地点である浅間温泉に到着したのが午後1時半くらい。
草津のとき同様、ここでも常宿があるそうで、
直行して、すぐにお部屋に入れてもらうことができました。ありがたやconfident

でも、のんびり寛ぐのは後回し!

荷物を置いて、ポタ用の服に着替えて、車から自転車おろしたら、
いざ松本ポタに出発ですdash

とはいえ、まずは本来の目的を果たさなくちゃいけませんw
レースのスタート地点でもある松本市野球場駐車場に受付しに行きました。

今回も参加賞としていろいろいただいてましたが、
ダンナ君のお気に入りはこちら↓
Img_8604

でかでかとロゴの入ったTシャツとタオル。 ベタなアイテムだなあ(笑)
でもこういうのがなんとも嬉しいらしいですw

ちなみに今回のレースでも、すっかりお気に入りのアイテム、
草津で参加賞としてもらったキャップ被って走りましたw

さて、無事に受付を済ませたら今度こそポタに出発です。
受付会場では今中さんの軽快トークが聞こえてきて
ちょっと興味をそそられましたが後ろ髪惹かれるほどじゃなかったw

お仲間もそれぞれ予定があるというので、夫婦だけで出かけましたbicycle

浅間温泉から松本市中心部までは女鳥羽川沿いを走りました。
ここ、別にサイクリングロードってわけではないと思いますが
両岸の道は一方通行で、車の通りも少ないし、
ときどき道路を横断するもののやはり交通量は多くないのですぐ渡れるし、
なんとも走りやすい道でした。
イメージ的にはヘルシーロード上流域って感じでしょうかw

おまけにこの道、漕なくても進むし~note

・・・って、なんで?? あれ???coldsweats01

それってつまり、下ってるってことsign02sweat01

どうやら浅間温泉から市街地までは、目で見てハッキリわからない程度ながら
ずーっとゆるい下り坂になっているようでした。

行きが下りなら、帰りは当然上りだよね・・・bearing

その事実に気がつきギャーギャー言いだしたわたしに、ダンナ君が
「引き返す?」なんて言ってきましたが、ここまで来てそんなことできるか~sign03pout

とりあえず帰りのことは考えないようにして進みます(笑)

そしてまずやって来たのが、松本城。
Img_8529

この赤い橋とお城をバックにbicycle写真撮りたかったんだよね~smile
これだけで、松本ポタの目的は達成した気になりました(笑)

そうそう、今回はわたしのテスタッチだけでなく、
ダンナ君もポタ用にノートン君連れてきちゃいましたw
(レースはもちろんピナレロで参戦です)

草津のときは受付済ませたら、コースの試走に出かけたダンナ君ですが、
今回は最初っからそんな気まったくなし!
逆にポタ用のウエアなんかもしっかり持ってきた用意周到ぶり(笑)
なんだか、「あなたなにしに来たの?」って感じです(笑)

お城は写真さえ撮れれば満足なので(笑)さくっと移動w

Img_8536

松本市旧司祭館(見学無料)。

左右対称が美しいアーリーアメリカン様式の建物です。

わたし、こういうの大好きなんですlovely
下見板の横張り、上下揃って整然と並ぶ窓・・・
こういうおうちに憧れて、今の家もちょっとだけ真似して建てましたw

Img_8533

北向きのベランダ(というか廊下?)

この日の松本市はとても暑かったのですが、
ここはとっても風通しが良くてすごく涼しかったです。

左右対称、整然と並ぶ部屋、そして窓や扉は、
外見の美しさだけでなく機能的にも優れているのかもしれません。
うーん、ますますこんなおうちに住んでみたいw

すぐお隣には、旧開智学校がありました。
Img_8543

これもまた独特の味わいのある建物で素敵でした。

日本人の大工さんが西洋の建物を真似て造った建築様式で
「擬洋風建築」って言うんだそうです。

ここはレースの参加賞でもらった無料券があったので(ダンナ君の分だけねcatface
中も見学してみました。

のんびり見学していたら、お腹が空いてきました。

そういえば、お昼食べてないやcatface

ここに来ればなにか食べれるだろうとやってきたのが、女鳥羽川沿いのナワテ通り。

Img_8569

これは裏側ですが、反対側が歩行者天国の商店街になってます。
もともと露店から始まったとおりということで、
いまも焼き芋とかたい焼きとか庶民的なお店が軒を連ねているそうですw

すっごく楽しそうなとこだったんだけど、
週末の午後なうえに、お祭りでもやっているみたいで
とにかくすごい混雑ぶりcoldsweats02
自転車押して入ってく雰囲気でもないし、
かといってbicycle停めておけそうな場所も見つけられなかったので、やむなく撤収。

そして向かったのは、川の反対岸にある中町通り。
ここは城下町の面影を残す蔵造りの建物などが残っているそうですが、
人もそれほど多くなく、のんびり散策できましたw

Img_8575_2

こんな感じの建物が多く残っていました。
新しいと思しき建物も雰囲気を合わせた造りになっているあたりからして、
川越の町並みを思い出しましたw

Img_8550_3

独特の斜め格子の柄は「なまこ壁」と言うそうな。
江戸末期や明治の頃に大火で多くの建物が失われ、
そのあと火事に強い建物としてこうした蔵が多く作られて、
今に残っているそうです。

Img_8576_2

蔵造りとは違うけど、また違う味わいのある佇まいの薬屋さん。
赤ポストが似合いすぎhappy02

Img_8580

いかにも老舗な佇まいの漆器屋さんの看板。
なんとなく「千と千尋の神隠し」を思い出しました・・・

さて、ノスタルジックな雰囲気にまったりしながらも
ここに来たのは空腹を満たすため。食べ物屋さんを物色します。

蔵造りでいい感じのお店がそこかしこにあって気になるものの、
如何せん自転車が停めにくいところばかりsweat02

そこで見つけたのが、テイクアウトできるハンバーガー屋さん。
いたって今風w
Img_8551
ともあれ、あまりに空腹でこのままでは宿に帰るまでに
ハンガーノックになりそうな感じだったので、
女鳥羽川近くに見つけたベンチでハンバーガーにかじりつきました。

Img_8553a

なかなかボリュームのある本格派ハンバーガーでした、美味なりdelicious
でも、比較対象と思って並べたダンナ君の顔がデカすぎてあんまり大きく見えないsign02catface

補給も済ませたところで、そろそろ宿へ。

ふたたび女鳥羽川沿いを走って帰路に着きました。

うーん、向かい風かあ。ついてないなあgawk
ダンナ君を風除けに、ノロノロ走ります。

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・あれ、そういえば帰りは上り坂なんだよね・・・?

向かい風のほうが気になったってのもあるとは思いますが、
思ってたよりキツクありませんでした。
ま、ほとんどわかんないくらいの傾斜なんですけどねcatface

それよりもわたしにとっての最大の試練は宿を目前にあるのですbearing

それは浅間温泉の坂。 
よりによって、宿は浅間温泉でも一番奥地、もっとも山手側にあるのですsweat02

今回、自分の自転車を持ってきたことで、
常に皆さんと行動を共にできたのはなにかと便利だったのですが、
どこかへ出かけては宿へ戻るたびに、
短いながらも坂を上らなければならないのはツラかったbearing

20kmをも超えるお山を登ろうって人たちからしてみれば、
こんなの坂のうちに入るか! って感じでヘタレこのうえないでしょうが、
わたしにとってはじゅうぶん「激坂」でしたcoldsweats01

まあ、どうにか坂を登り切って宿に到着。
美味しいお食事をいただいて、かけ流しの温泉に入って、あとは寝るだけ。

ダンナ君はいよいよ本番、レースに備え。
わたしは時間つぶしのひとりポタに備えw

おやすみなさ~いsleepy

・・・レース当日編に続くwink

ポチッとしていただけるとうれしゅうございます^^ にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

美ヶ原、完走できました

ダンナ君のヒルクライムレース2回目の挑戦、
ツール・ド・美ヶ原が終わりました。

無事、完走できましたsign03

417

サイコンのデータではこんな感じ。
現地で見たリザルトではクラス253、4位だったかな?

仕事の忙しさと、ここしばらく悩まされている膝の痛みで
思うように練習できなかったせいで、
草津のときと違ってまったくモチベーションが上がらないまま臨んだ今日。

もともと「目指せ完走sign01」で臨んだのですが、目標が無事達成できて本人も大満足w

そしておまけのわたしも、松本ポタbicycleたっぷりできて大満足happy02

それぞれに大いに楽しんだ2日間でしたnote
詳しいレポはまた後ほどw

ポチッとしていただけるとうれしゅうございます^^ にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そろそろ準備

今日は朝からあいにくのお天気rain

ちょうど自転車雑誌発売の時期なので、読書三昧book

Img_8528

わたしのお目当ては自転車雑誌より旅行ガイドのほうですがcatface

いよいよ来週は美ヶ原。
そろそろ松本市内観光の準備でもしようかとnote
今回はbicycle持ってってポタる予定ですbleah

気になるのはやっぱりお天気。
週間天気予報チェックに余念がないこの頃ですw

ポチッとしていただけるとうれしゅうございます^^ にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

虫に負けずにケーキポタ

今日は久しぶりにダンナ君とのふたりポタに行ってきましたbicycle

わたしのゆるポタ仕様テスタッチ(28Cにフロントバッグ付き)に合わせて
ダンナ君は一体いつから乗ってない?ってくらい久しぶりにダボスで出動です。

いつもの荒サイから、これまたずいぶん久しぶりに入間川CRへ。

ちょうど除草時期のようで、そこかしこで作業していましたが
サイクリングロードの周辺はすでに終わっているのか、
生い茂る草もなくなかなか快適に走れました。

しかし。
ほどなくしてダンナ君が首が痒いと言いだしました。

見ると確かに首一面赤くなっていて、見るからに痒そう。
でも虫に刺されたような跡は見当たりませんでした。

普段あまり気ないジャージを着てきたので、
肌に合わなくて擦れてかぶれたのかなあ? なんて言いつつ
痒みを気にしながらも走り続けていたのですが
そのうち首だけでなく鎖骨の辺りや顔(鼻の周りや目の間)と
あちこちが痒くなって、そして派手に赤くなってきちゃいました。

顔までなったってことはやっぱ虫!?

とにかくあんまり痒そうなので、
引き返したほうがいいかなあ、と思っていたところ、
ちょうどCRをはずれたところでドラッグストアを見つけたので
かゆみ止めの薬を買って塗ることにしました。

首に薬を塗ってあげようとジャージの襟をめくったら、
髪の毛の中からちっちゃな赤い虫が出てきたsign03

ぎゃーsweat01 慌てて払い落しましたpunch

薬を塗ろうと首をよく見ると、
頭皮のほうまでだいぶ広範囲に赤くなっていました。

幸い薬が効いたのか、痒みは落ち着き、
家に帰りつく頃には顔や首の赤みもほとんどわからなくなってました。
代わりに、ポチポチ刺されたような跡が何か所も出てきました。
さっきの虫があちこち這いまわって刺してったんでしょうねwobbly

それにしてもどうしてダンナ君があんなに刺されたのに
わたしはまったくなんともなかったんだろう??

刺されたかったわけじゃないけど(笑)不思議だ~。

そんなわけで序盤はどうなる事かと思ったポタですが
どうにか予定どおりに本日の目的地に到着。

Img_8513

日高市にあるコラージュというケーキ屋さんです。

すぐ隣の果樹園で栽培したフルーツをたっぷり使ったスイーツをいただけるというお店。

ショーケースでケーキを選んで、セルフサービスのドリンクバーと一緒に
カフェコーナーでいただきました。

どれもこれも見るからに美味しそうで悩みつつ、
ひとり2個チョイス、合わせて4つの味を楽しみましたdelicious

Img_8506

どれもこれも、美味い~lovely

フルーツ自体の美味しさと、
クリームやムースの甘みのバランスがとても良く、
わたし的には4つすべてが「ハズレなし」でしたdelicious

特に「メロン王子」(奥の右)は、これまであまり目にしたことのない
見た目のゴージャスさに惹かれて注文したもののの、
正直味はあまり期待してませんでした。

だって、メロンってそのまま食べるのが一番美味しいと思うんだもんcatface

食べてみても、最初は上に乗ったメロンがたっぷりすぎて
なかなか中身に辿りつかず
「これじゃメロン食ってるだけじゃんgawk」って思ってたのですが、
次第に中のクリームと絡まってくると、これがとっても良く合っていい感じnote
期待してなかっただけに?すごく美味しく思えましたsmile

それから「ルージュ」(奥の左)は苺の酸味が程よく効いてて癖になる味でしたw

もっと近くにあったら、しょっちゅう通っちゃうなhappy02
 
って言ったら、
「近くじゃなくてよかったね」とダンナ君に真顔で言われましたcatface

ちなみに自転車置き場はこんな感じ。

Img_8514

今日はスタンド付きのダボスとくっつけて鍵をかけたけど、
写真のとおりテスタッチだけでもちゃんと自立できてるので、
風が強かったりしなければ大丈夫かな?

欲を言えば自転車スタンドが一番でしょうが、
こういうのでもあるとありがたいなと思いましたw

さて、いつもながらお腹を満たしたら帰るだけ(笑)

帰路もサイクリングロードを引き返すのはつまらないし、
なによりまた虫にやられたらかなわないのでbearing
圏央道の側道を伝って帰りました。

途中、川島の平成の森公園に寄りました。
なにかで菖蒲園があるって見たので。

Img_8515

残念ながら見頃はずいぶん前にすぎちゃってました。
規模は大きくないけど花の密度はなかなかなようだったので
来年は見頃の季節に来たいなあw

走行距離 : 58.45km

久しぶりのふたりポタ。
虫のおかげと(笑)、ダボスの重さのせいで
(ピナレロと比べるとあまりの重量感にムッキーする気にならないらしいw)
すっかりゆるモードになったダンナ君と
ホントにのんびり楽しみましたconfident

ポチッとしていただけるとうれしゅうございます^^ にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

ポタから帰ったら、こんなのが届いてましたw

Img_8521

草津のときに比べると
いまいちモチベーションが上がってない様子のダンナ君。

ゆるポタしてる場合じゃないかsign02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初めての白石峠

ゆるゆるポタリストらしからぬ本日のタイトル。

当然ながらわたしのことではありませんw

ダンナ君が、美ヶ原に向けたトレーニングということで、
いつもの物見山での朝練のあとに、お仲間に連れてってもらったのです。

ヒルクライムレース出たがるわりには
峠の実走経験が極端に乏しいダンナ君。
ヒルクライムのメッカ「白石峠」にようやくデビューですw

ブログネタ的写真をとる暇もなく(笑)、タイム計測するのも忘れて、
とにかく夢中で登ったって感じのようですが、
次はもっと頑張るぞdash と早くも意気込んでます。

これからはお山に通うようになっちゃうのかな?

一応ネタのため、と撮ってきてくれた
パラグライダーの練習見ながら休憩の図↓

388a

ポチッとしていただけるとうれしゅうございます^^ にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

念願のSIDI

昨日、ダンナ君がずっと欲しがっていた新しいビンディングシューズを
ようやく手に入れることができました。

サイズを確かめるためにあっちこっちのショップを見てまわって
ようやく決めたのがこちら↓

Img_8458

SIDI  GENIUS6.6 CARBON MEGA

いままで使っていたシマノのシューズは
幅に合わせてちょっと大きめのサイズを履いていました。
でもそれだと前後がだいぶ余っていて、
靴の中で足がずれるのがすごく気になっていたようなんです。

なので購入にあたってはサイズ重視!

遥か昔の高校時代に履いていたのもSIDIで
とても足に合っていたというのもあって、SIDIで選ぶことに。

デザイン的には最上級モデルが欲しかったようなのですが
(SIDIのカタログで大好きなカンチェラーラが履いてるし)
残念ながら足に合わなかったのであきらめました。

典型的日本人なのでしょうか、メガじゃないと無理でしたcatface

ちなみにシマノだと日常履いている靴のサイズより1センチ大きいのでしたが、
SIDIメガはいつものサイズ(43/26.5cm)で買うことができました。

未だローラー台で使ってみただけですが、
やはりサイズが合っているほうが踏み込みやすい気がするそうな。
明日の朝練で実走デビューの予定です。

そしてもちろん美ヶ原用の決戦アイテムでもありますdash

これ、遅ればせながらダンナ君へのバースデイプレゼントpresent

奮発した甲斐があるといいなあ。
自転車でしか使えないうえに、所詮消耗品にしてはたいした額だもんねcatface

ポチッとしていただけるとうれしゅうございます^^ にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

BIGハンバーガーポタ

今日は梅雨入り後の貴重な晴れ間みたいですね。
それに、わたしの仕事が休みの平日に晴れてくれたのは久しぶり。

体調はいまいちだったけど、
フロントバッグを付けたテスタッチの乗り心地を確かめたかったので
適当に近所をふらりとすることにしました。

Img_8426_3

たんぼ道や住宅街の中をなんとなく走る。
いつも走っているエリアでもちょっと道が違うだけでなんだか新鮮でした。

それに走り出したら風は意外とさわやかで快適。
そのせいか案外走れる感じだったので、お目当てにしてたお店に向かいました。

途中クレアこうのすで見つけた古い機関車。
Img_8430_2

こんなとこにこんなのあったんだ~。

もっと近所を走るだけのつもりで出てきたので
プリントしたお店の地図を持ってこなくてちょっと迷子になりつつも、
どうにか到着。

Img_8435

CAFE EASY LAND

田舎道に突然現れたこじんまりしたちょっとかわいいお店。

この車で移動販売もしてるそうです。

メインメニューはハンバーガー。 しかも、でかいハンバーガー。

Img_8433

アボガドチーズハンバーガー。ポテト付き。

おさえるために楊枝が刺さってたけど、半分くらいしか届いてなかった。

紙袋をくれるのでそれに挟んで食べるんだけど、
肉汁じゅるじゅるできれいに食べるのはなかなか難しいcoldsweats01

そしてこのボリュームsign03
あまりの量に正直最後はもてあまし気味でした・・・

でも味はすごくよかったdelicious
お値段はちと高めで、自転車停めるとこにもちょっと悩むけど、
覚えておきたいお店になりましたw

それにしても満腹wobbly

これは少し走って腹ごなししないと・・・ってことで、
武蔵水路伝いで荒川左岸へまわって帰りました。

Img_8437

先月には一面のポピー畑だった場所も、いまは見る影なし。

いまはすっかり紫陽花の季節ですね。

Img_8441

それでもたいした距離にはならず。

走行距離 : 43.5km

すっかりカロリー過多ですbearing

でも貴重な晴れ間のポタリング、楽しかったですnote

ポチッとしていただけるとうれしゅうございます^^ にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

ところでフロントバッグの使い心地ですが。

バッグの重みでハンドルがとられて、ただでさえおぼつかないハンドル操作が
さらに危うくなるかと心配したのですが、
それほど気になることもなくよかったです。

補助ブレーキもバッグを気にすることなくいつもどおり使えたし、
地図はマップケースこそ使わなかったもののバッグからすぐ出せるのはやっぱり便利w

そしていつも背負ってるリュックをフロントバッグに入れて走りました。

Img_8423

なにも背負わずに走れるのってやっぱり楽でした。
何か買って荷物ができたときだけ背負えばいいし。

やっぱフロントバッグ付けてよかったhappy01

今日はポタのおみやげいれることはなかったけど、
帰りにおっちゃんの店に寄ったらこんなん入れて帰ることになりました。
ふた開ければこんな物まで入っちゃうんだなあw

Img_8445

これ↑の詳細はまた今度w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変身~!

お休みだったダンナ君が、先日購入したフロントバッグ
テスタッチに取り付けてくれましたnote

シフトワイヤーのとりまわしとか。
アタッチメントを取り付けたら、スペース的にサイコンは無理か?とか
補助ブレーキと干渉しないかとか。

いろいろ気になることがあったので、
取り付けられるにせよてこずるんだろうな、と思っていたのですが、
案外簡単にできちゃったようですw

懸念していたシフトワイヤーは、
「変速バナナ」というパーツを取り付けて、シフトワイヤーの向きを変えました。

383

こんなちっちゃなパーツひとつで、
無理やり感なくワイヤーの向きを変えられちゃうんですね。

これならシフトワイヤーに当たるのを気にすることなく
フロントバッグを入れるスペースを十分に確保できた感じです。

それからRIXEN-KAULのバッグは
KLICKfixというアダプターシステムなので、
ハンドルにアダプターを取り付けなければなりません。

補助ブレーキは付けたまま! というのが希望ですが
スペース的に大丈夫かな? という心配がありました。
どうにかなったとしてもサイコンはさすがに無理じゃない??

そう思っていたのですが、難なくすべて収まりましたscissors 385a

テスタッチのハンドルはレディースモデルですが、
サイズは40cmとレディースモデルでも大きいほうなので
収まったのかもしれません。

そしていざ!

フロントバッグ取り付けてみた状態がこんな感じ。

Caau1npsa_2

わたしが初めて見たのは仕事中に送ってくれたこの画像。

これだと取り付け位置がだいぶ高い感じがして、
正直初めて見たときは「ちょっとカッコ悪いかも・・・sweat02」なんて
思わなくもなかったのですが、
実際に自転車を見てみたら、特に気になりませんでした。

シフトワイヤーにバッグが乗っかっちゃってることもないし、
補助ブレーキとバッグの間も十分空いていて、
ストレスなく使えそうです。

なかなかいい感じにおさまったんじゃないですか~happy02

そして、フロントバッグひとつ付けただけで、
すっかりツーリング車っぽくなったようなsign02

だいぶ理想的なスタイルになったかもup

これならますますゆるゆる走れそう?catface

ポチッとしていただけるとうれしゅうございます^^ にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆるポタ仕様のヘルメット

今回購入した品は、フロントバッグのほかにもうひと品。

それがこのヘルメットです。

Img_8322

OGK REGAS  カラー:フェニックスブロンズ

このカラーリングにひと目惚れしちゃいましたlovely

いま使っているヘルメットは赤で、テスタッチにはちょっと合わないので、
ずっと新しいのが欲しかったものの、
これ!というモノも特になく、なんとなく買わずにいました。

それが先日、自転車雑誌これを見つけた瞬間、「これだ!」と思いました。

自転車のヘルメットというと、
カラフルでいかにもスポーティーなカラーリングのものが多いですよね。
なので当然目立つ。

バリバリ走るローディーの皆さんなら、それでもカッコよく決まりますが、
ゆるゆるノロノロ走りのわたしにああいうヘルメットってちょっと大袈裟っていうか、
やっぱり気恥ずかしさと抵抗感は拭いきれませんでした。

それでも、ロードバイクに乗るようになってからは特に
安全第一をモットーに必ず被るようにはしていました。
(こける自信があったのでcoldsweats01

でも、被るたびに思ってました。

もう少し主張しすぎないカラーのヘルメットがあったらいいのにな。

そこで見つけたこのカラー。 

飛びついちゃいましたw

デザイン的にもスポーティー過ぎないし、タトゥーもぜんぜん派手じゃない。
これなら街乗りやゆるポタ乗りでも抵抗感なく被れる気がしますgood

ポチッとしていただけるとうれしゅうございます^^ にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

念願のフロントバッグ

先日の物欲ショップめぐりで欲求を満たせなかったダンナ君。
本日再びチャレンジして、ようやく目的の品と(半分くらい)出会えました。

とにかく欲しい品は定まったので、早速おっちゃんの店に注文しに行きました。

そしたら思いがけず、わたしの注文していた品が入荷していましたsign03

毎度のことですが、おっちゃんの店は発注からしてのんびりペースなので、
入荷に至ってはあと1カ月くらいは辛抱かなあ、と思っていたところに
すでに商品が届いていたのでビックリ\(◎o◎)/!

これっぽっちも期待していなかっただけに喜び倍増でした(笑)

というわけで、ようやく手にしたフロントバッグがこちらnote

Img_8318

RIXEN-KAUL KT-811 ディパックボックス

アダプターシステムKLICKfixに対応した、
マップケース付きのフロントバッグです。 

Img_8316

アタッチメント(KF810)、ショルダーベルト、レインカバーが付属してました。

ほどほどの大きさにマップケース付き。
理想的なものが見つかりましたgood

クロモリのロードバイクを買うと決めたときから
絶対付けたいと思っていたフロントバッグ。

ダンナ君のダボスとオーストリッチの組合せの影響を受けてたのもあってか、
当初わたしが思い描いていたのはこういうのこういうのでした。

やっぱクロモリにはクラシカルなのがいいでしょw って思ってました。

なので、テスタッチのパーツを選ぶときも、
当初はハンドルバーやステムなどハンドル周りのパーツは
いまのブラックではなく、シルバーで揃えるつもりでいました。
そのほうが少しでもクラシックな雰囲気になると思ったから。

ところが、STIレバーのロードバイクにフロントバッグを付けるには
シフトワイヤーが邪魔になるためにかなり制限がある、
たぶんわたしが付けたいバッグは付かないと知ってからは、
あまりフロントバッグについて欲求を感じなくなっていました。

しかし、ロードバイクに乗ることに慣れてきて
ようやくひとりでもでかけられるかなって思うようになった頃、
フロントバッグがないってわたしにとってはすごく不便じゃないか!?と気がつきました。

どこにでかけても、おみやげひとつ買って帰れない。
ひとりポタには必需品の地図だっていちいちリュックから出さないと見られない。

出かける前からなんとなくわかってはいたけど、
初めてのひとりポタをしてみてすごーく実感しちゃいました。

テスタッチには乗りたいけど、フロントバッグがない状態じゃあ
わたしが望むような自転車の楽しみ方はできないんじゃないか?
そう思っちゃったら、どんどんポタのモチベーションが下がっていきました。

でも。

せっかく買ったロードバイクなんだから。

やっぱもっと乗りたいなあ。

楽しく。

そのためには、どうにかしなくっちゃbearing

そこで思いついたのが、テスタッチをフラットバーロードにしちゃうことでした。
フラットバーにすればもっとフロントバッグの選択肢って広がるんじゃないのsign02
正直、ドロップハンドルは未だに苦手だしsweat02
そのほうがずっと気楽に乗れるんじゃない??

ダンナ君に相談したら、
楽しく走れるのが一番いいってことで賛成してくれたので、
一時はフラットバー化するパーツなんかも物色してました。

・・・とはいえ、やっぱりドロップハンドルのまま乗るってのも
捨てきれない自分がどこかにいたのでしょうか。
ドロップハンドルにも付けられるツーリングっぽいフロントバッグってないのかなあ?
と、あらためてあれこれネットで物色してみました・・・

そこで見つけたのがアタッチメント式のツーリングバッグでした。

ツーリングバックと言えばベルトやベルクロでハンドルに固定するもの、
というイメージ・・・というかそっちにしか興味がいってなかったので、
アタッチメントタイプを見つけたときは新鮮な驚きがありました。

そして、このタイプならドロップハンドルのまま乗れるかもsign02と思いました。

というのも、テスタッチには補助ブレーキが付いているのです。

当初はドロップハンドルに慣れるまで補助的に使うつもりでいたはずなのに、
いまやすっかりそっちばかり使っていて、いまさら外したら多分まともに乗れませんcoldsweats01

ベルクロタイプでも補助ブレーキは使えるようですが
やはり使い勝手を考えるとストレスになるんじゃないかという思いが強くて、
ますますドロップハンドルでフロントバッグは無理だーbearing状態に陥っていたわけですcoldsweats02

でも、アタッチメントタイプの場合、
アタッチメントの出っ張りの分だけバッグとハンドルの間に隙間ができるので、
これなら補助ブレーキを付けたままでもイケるんじゃないsign02って思えました。

当初懸念したシフトワイヤーについても、
変速バナナなるもので解決できるみたいだしsign02

そこで本腰入れてアタッチメント式のフロントバッグを物色した結果
選んだのが、RIXEN-KAULでした。

デザインももちろんですが、決め手はKLICKfix。

というのも、わたしはすでにプジョーのフロントバッグで
RIXEN-KAULのフロントバッグを使っているので(これ)、
最悪テスタッチにうまく付かなかったときはプジョーで使うつもりでいます。

もちろんうまく取り付けられれば、気分や用途によって付け替えも可能だし、
KLICKfix対応のフロントバッグは他にもいろいろあるので、
いろんなタイプを付けることも可能かもup

早くも夢は広がっていますw

とはいえ、実際取り付けるのはかなり大変そうsweat02

変速バナナ、うまくいくかな? とか。
バッグ付けたらサイコン付けるとこなくなっちゃうよ? とか。
その他いろいろ、難題はあるようです・・・

それでも、買ったからにはなんとしても付けるdash と
ダンナ君が言ってくれているので、楽しみに待ってようと思いますconfident

ポチッとしていただけるとうれしゅうございます^^ にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »