« 証拠を残しておきましょう | トップページ | 朝ポタ »

サイズの不思議

今回ダンナ君が購入したピナレロFP6のフレームサイズは515。

ちなみに、ベストサイズだと感じているダボスのサイズは540。

こう見ると、ピナレロはずいぶん小さいサイズを選んだんだなあ、
と思っていたのですが。

実際には、ピナレロのほうが若干大きいようなんです。

というのも。

自転車のフレームサイズの測り方は2種類あるそうでして。

017a 

水色のラインが「センター/センター」。
黄色いラインが「センター/トップ」。

最初のセンターはクランクの軸の中心のこと。
そこから「センター」までとは、トップチューブの中心まで。
そして「トップ」までとは、シートチューブの上端まで。

で、ピナレロのサイズ表記は「センター/センター」。
一方ダボスは「センター/トップ」。

というわけで、数字上はピナレロがだいぶ小さいですが
センター計測の場合はチューブの太さを考慮するので、そうなるみたいですね。

で、チューブの太さをたぶん530~540くらいだろうと踏んで、
515サイズを選んだようです。
もちろん自転車屋さんと相談してましたが、
いまこうして書いてて思うのは、サイズが命(なんでしょ?)というわりには

なんてアバウトな決め方なんだろう・・・バカ高いのにgawk

ま、幸いサイズが合わないなんてことはないようですが、
思っていたよりはちょっと大きかったみたいです。

Photo

「センター/センター」表記では515なのですが、
「センター/トップ」で実測してみると、およそ560もありましたsign03

シートポストがあんまり出ないことがちょっと不満だったようですが、
カッコ優先で高くしてみたら膝が痛くなったので、諦めて戻したそうです・・・

ちなみに、シートチューブ長ではダボスよりおよそ20㍉長かったのに、
トップチューブの長さはほとんど同じでした。
このサイズも乗りやすさには大事なようですから、
要するにサイズ選びに関してはうまくいったってことのようですねgood

それにしても「515」が実際には45㍉ほども大きいのにはビックリしました。
カーボンフレームというのがクロモリに比べてずっと太いせいなのでしょうが、
こんなに違うものなんですね。

ついでに、カタログにないパーツのサイズをいくつか計ってみました。

ステムの長さは100㍉。

Photo_2

ハンドルのサイズは
ブレーキブラケットの位置でセンター/センターで400㍉。

Photo_3

クランクの長さは170㍉。

022

舶来車種なのでいちいちパーツサイズが大きいんじゃないかと
少々不安を感じていたらしいのですが、
身長174センチのダンナ君的には、
パーツ的にもおおよそジャストサイズだったみたいです。

サイズ表記ではサイズ差があるように思えたダボスとピナレロFP6。
実際には並べてみてもほとんど大きさは変わりません。

サイズって難しいんですね~。
なにかの参考になればhappy01

ポチッとしていただけるとうれしゅうございます^^ にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

|

« 証拠を残しておきましょう | トップページ | 朝ポタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/502790/22203726

この記事へのトラックバック一覧です: サイズの不思議:

« 証拠を残しておきましょう | トップページ | 朝ポタ »